審査って想像以上にあっけない!

審査にすっごく抵抗があった管理人が審査を受けてみて思ったこと。

お金は借りたいんだけど、審査受けるのが本当に嫌だった管理人。
みなさんもそんな経験、もしくは現在悩んでませんか?

審査がすごく嫌な人

 

お金は借りたいんだけど審査に通れるか不安っていうのもあったし、
審査の中には会社に電話かかってくるとかもあって、とにかくすごい嫌でした。

 

でも、お金はどうしても必要だったし、審査を受けてみたのです。

 

審査を受けて変わった審査のイメージ

 

審査を受けてみて最初に思ったのは、
『Webから申し込んだらなんだか知らないうちに審査進んでて、気にする間もなかった〜』
ってことですね。(笑)

審査全然大丈夫だった人

 

管理人はカードローンの審査にWeb申込みしたんですが、
申し込みの確認電話があったあと、審査結果がメールで送られてくるまでは
しらないうちにサササーっと進んでました!

 

確認電話が来てから審査結果がでるまでは時間にして45分くらいだったと思います。

 

申込みをした後はもうカードローン会社におまかせなので待ってるだけでよくて、
マジでなんもしてないです(笑)

 

審査で聞かれたことなんかも紹介しときますね。

 

審査で聞かれたこと

 

Web申込みで聞かれること

Web申込みで聞かれること

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号(携帯電話でも可)
  • 年収
  • 勤務先名
  • 勤務先住所
  • 勤務先電話番号
  • 現在の借入状況(他社からの借入の有無、限度額)

 

申込み確認電話で聞かれたこと
  • カードローンの使用目的

 

確認電話で聞かれたのは、カードローンの使用目的でした。

 

申し込むローンにもよりますが、基本フリーローンだと思うのでバカ真面目に答えなくてもいいです。
例えば、使用目的がギャンブルや投資だとカードローン会社としては警戒するからです。

 

審査に通りたいのに本当のことを答えて信用を無くしてしまっては元も子もありません!(笑)

臨時の出費

 

なんて答えていいのか分からなければ、
『冠婚葬祭の行事が続いたので…』『旅行費用に…』などと
【臨時の出費】であることにしておきましょう。

 

生活費と答える人もいますが、受け取り方によっては、
「生活に困ってるなら貸しても返ってこないかも?」と、これまた信用がなくなってしまいます。

 

申し込む情報に嘘があってはいけませんが、
もしも使用目的がギャンブルなどである場合は違うことをいっておくのがベストです。(汗)

 

受けてみたら意外とあっけなかったカードローン審査

全然平気だった人

 

想像よりもずっとあっけなかったカードローンの審査。
もっといろんなこと尋問並みに聞かれておどおどしてしまう自分を想像してたけど、
Webから申し込んだらそんなことなかったです。

 

もし電話で申し込んでたらおどおどしてたかもですけど(笑)

 

管理人は銀行カードローンの審査を受けましたが、
消費者金融の審査だともっと審査時間が短いみたいですね。

 

銀行のほうが審査が厳しいといわれていますが、
体感としては厳しいな…と感じることはありませんでしたよ。

 

審査に抵抗のある人も受けてみたらそう感じること間違いなしです。

 

トップページに戻る