みずほ銀行カードローンのおまとめで支払う利息がぐっと減った!

おまとめローン、使い方を間違えると損することも…

おまとめローンを利用すると毎月の支払いが楽になる!利息が少なくなる!
と短絡的に考えていると場合によっては気付かぬうちに損してしまう可能性があります。

 

おまとめをどこでするかによりかかる利息が全然違う。

利息

おまとめローンをするなら現在利用している金融機関よりも
低い実質年率で貸してくれるところを選ぶのは当然です。

 

しかし消費者金融から消費者金融にのりかえおまとめしても劇的に金利が下がることはありません。

 

まず金利で失敗しないためには、
おまとめ先は金利の低い銀行カードローンから選ぶのがおすすめです。

 

100万円以下のおまとめなら消費者金融は18.0%の実質年率がかかることが大半です。

札束

 

それに対して銀行カードローンなら14.0%くらいで、4.0%も利息に差が出ることになります。
おまとめは大きな額になるので出来る限り実質年率の低いところを選びましょう。

 

おまとめしたからって、支払う額を減らしすぎない。

おまとめローンで選ぶべきは実質年率の低い銀行カードローンといいましたが、

 

実質年率が低くなったことで安心して、毎月の支払額を下げると返済期間が長くなって
総支払額がおまとめするよりも前のほうが低くすんだ…なんてこともありえます。
信じられない…

 

おまとめしても毎月の支払額はいままで支払っていたくらい、もしくは少し少ないくらいならいいですが、
あまりにも減らしすぎると気付いた時には痛い目にあうこともあるので気をつけてください。

 

消費者金融から銀行カードローンに乗り換えたからと言っても
借りている期間が長くなればなるほど支払う利息が積み重なっていくのは同じです。

 

おまとめしてお得な返済にしていきたいなら早く返すのが一番です!

 

おまとめローンでの詐欺もあるから要注意!

悪い人もいる

大手の消費者金融や銀行カードローンでのおまとめローンなら安心して利用して問題ないですが、
街金などの中小消費者金融のおまとめローンの中には悪徳なものもあるので注意が必要です。

 

おまとめローンをしに行ったつもりが、別の業者を紹介されて債務整理させられたり、
おまとめをするから現金を郵送してくれと、オレオレ詐欺のような手法があったり…

 

世の中には私たちが考えもしないことを考える悪い人がたくさんいるので、
そのような悪徳金融機関に騙されないようにしてください。

 

〜おさらい〜おまとめローンの落とし穴にはまらないために守るべきこと

実質年率の低い銀行カードローンを選ぶ
毎月の支払額を減らしすぎない(返済期間を延ばさない)
詐欺に騙されないように名の通った金融機関を選ぶ

 

この3つの点は必ず守って、おまとめローン先を選びましょう。約束ですよ!

 

おまとめローン大全集【みずほ銀行の場合】のトップページに戻る