みずほ銀行カードローンのおまとめで支払う利息がぐっと減った!

債務整理、カードローンやキャッシングの審査に与える影響大!

債務整理してしまうと、その後のカードローンやキャッシングの審査に影響ありありです!!

影響ありあり

 

債務整理した真実は隠せません。

 

信用情報に記載され、
5〜10年にわたり新規借入やクレジットカードの作成ができなくなります。

 

債務整理の良いとこ、悪いとこ

良いとこ

いいとこ

  • 借金がなくなる、減額される
  • 取り立てがなくなる

 

悪いとこ

悪いとこ

  • 信用情報に傷がつく(5〜10年間)
  • 新規借入、クレジットカード利用ができなくなる
  • 弁護士費用が必要
  • 自己破産だと財産の差し押さえがある

 

債務整理の種類

債務整理にもいくつか種類があり、状況によりどの債務整理をするかも違います。
だた、ひとつ言えることがあるとすれば、
どの債務整理を選んだとしても信用情報には傷がつくことです。

 

任意整理・個人再生・自己破産

債務整理には3パターン方法があります。

 

任意整理

任意整理は借入している複数社におこなう必要はなく、一社に絞って整理することができます。

 

金融会社と消費者との話し合いで、今後の返済計画など相談します。

話し合い

 

任意整理することにより返済に金利はなくなり、元金のみを返済していくことになります。

 

消費者と金融会社との話し合いなので裁判所は通しませんが、
借りていた金融機関がどこかの金融グループに所属していると
系列会社からの新たな借り入れは難しくなるでしょう。

 

個人再生

任意整理と違い裁判所を通して話し合いをするので、弁護士に相談することになります。

 

個人再生は借金の総額を5分の1か100万円までに減額し、3年以内に完済します。

 

信用情報にばっちり記載されるので、新たな借入は5年以上不可能です。

 

自己破産

最悪な債務整理です。

 

借金が全てなくなるので一時的なメリットを感じますが、
財産の差し押さえがあるので世間体的にも最悪です。

 

家族につらい思いをさせることになると思います。
一家つらい

 

10年ちかく新規借入が難しくなることはもちろん、仕事に影響がでることもあります。

 

債務整理した人の保証人になってたらどうなる?!

債務整理する人の保証人には影響があるかというと…

 

大ありです!!

 

信用情報も傷つくし、債務整理した借金が保証人に請求されます。

請求される

 

任意整理では、負債者と共に保証人も任意整理をすれば支払いはしなくていいですが、
もれなく信用情報には傷がつきます。

 

善意で保証人になったのに信用情報に傷がつくなんて許せません。
でも、残念ながら返済できない人の保証人になった人が悪いのです。

 

債務整理が家族に及ぼす影響

債務整理の情報は本人のみに影響するので、
親が債務整理したからといって子の信用情報にも傷が…ということにはなりませんが、
同じ住所に暮らしていると多少の影響があります。

同じ住所

 

信用情報は個人名や住所などで検索できるので住所が同じだと家族であることが知られます。

 

もしかしたら子の名前を借りて、親が借り入れ申し込みをしている可能性は消せないので、
金融機関としては債務整理した人の家族の審査を厳しくせざるをえません。

 

このように債務整理すると、大切な家族にも悪影響を及ぼしかねません…

 

債務整理が及ぼす影響は絶大!!

債務整理は本人の今後に影響を及ぼすだけでなく、
家族や保証人にまで影響があり、多大な迷惑をかけてしまいます。

 

返済額が減ったり、なくなったりするのは一時的なメリットに感じますが、
自分の将来、家族の将来も考えてするかしないか決めて欲しいと思います。

 

トップページに戻る