キャッシングの審査に年収はどれくらい影響あるの?

消費者金融は年収により限度額が決まる、シビアな世界…

消費者金融で限度額を増額したいと思っても、年収が変わらない間は無理です。
だって『総量規制』で年収の3分の1までしか借りられないと法律で決まっているんです。

シビアな世界

 

消費者金融にどれだけお願いしても、どれだけ真面目に返済をして信用度を上げても、
結局限度額は年収の3分の1どまりになってしまうのが消費者金融のシビアなとこです…

 

結局、年収しだいなのか…と思うとなんかやりきれないです。

 

でも大丈夫!銀行カードローンは限度額、年収関係ない!

 

消費者金融は年収で限度額が決まっちゃうからもっと借りたくなったら仕事かえなきゃだけど…
銀行カードローンなら大丈夫なんです!

年収低くても借りれる

 

銀行には総量規制は適用されないんです。
だからたとえ年収が低くても住宅ローンを組めるでしょう?

 

たしかに、銀行カードローンでも年収に応じておりる限度額は違うかもしれないけど、
年収の3分の1までと現実を突きつけられないのは、低所得者にはありがたい話です。(笑)

 

ちなみにみずほ銀行カードローンでは、
年収がひくいどころか、年収が0円の専業主婦でもカードローンができるんです!

 

配偶者がいないと無理なので、ただの無職じゃ借りられないけど、
専業主婦でもカードローンできるなんて夢が広がりますよね。

 

年収に応じて変わる、限度額と金利

 

消費者金融はろこつに年収に応じて限度額が変わりますが、
銀行カードローンも多少は年収に応じて高所得者が得するようになっています。

お金持ち

 

というのも、たとえばみずほ銀行カードローンなら
200万円以上の借入ができるひとの中で銀行側から選ばれた人が
さらに条件のいい金利でカードローンできるサービスがあります。

 

銀行側が選ぶ人って、これはもう年収や職種などでしょうから、
所為、一般的にいう高所得者がとくするようになっています。

 

とはいえ、消費者金融に比べるともともと金利は低いし、銀行カードローンを選んで損することはまずないですけどね!

 

年収よりももっと大事な事。それは安定してること!

 

なんだかんだいって銀行カードローンも年収が関係ないってとはないんだけど、
審査で一番大事なのは、年収の高さよりも、安定した収入があることです。

働く人

 

年収が高いといっても去年だけ年収が高くても意味なくて、
年収が低くても収入が安定しているほうが審査に通りやすいです。

 

キャッシングの審査って自分の価値が診断されてる感じがして緊張しちゃうけど、
まじめにコツコツ仕事してる人は大丈夫ですよ!

 

自分の仕事に自信をもって、年収に気持ちを惑わされないようにしましょう!

 

最初のページに戻る